排水管からなぜ水漏れするのか

排水管からなぜ水漏れするのか 排水管は、生活の中で発生した水を流すために存在しています。使用した水はそのまま下水に流しますが、衛生上で大きな問題も抱えるため、逆流したり、水漏れを起こしたりしないように作られているのが特徴です。しかし、管をつないで作られていることには変わりありません。壊れないように作られてはいるものの、排水管が劣化してしまって水漏れを起こしてしまうことも考えられます。絶対に漏れてこないということもありませんし、壊れないということもありません。水漏れをする可能性があることを理解しておくと、対処も早くなってくるでしょう。

■使った水を下水に流す

排水管の機能では、下水に汚水を流すことが重要になってきます。下水管にはさまざまな汚水が流れており、害虫も発生してしまうことは間違いありません。そこで、排水管にはトラップが作られています。これは、下水管からハエなどの害虫が上昇して入ってこないようにするための装置で、水を一定量溜め込んでおくことによって、排水管を遮っています。水で壁を作っているため、臭いも抑えることができるようになる大事な構造部分といえます。
しかし、水を溜めこんでおくことになるため、水漏れをしてしまうことも考えられます。水が流れてしまえば、トラップとしての役割を果たせなくなってしまうため、素早く対応することが必要になりります。形状によっての違いもあるため、構造的にも理解しておく必要があります。

■トラップの存在
排水管の中でも、管トラップは、S字型になっているのが代表的なものになります。洗面所などの下を覗くと、意図的に湾曲している部品が取り付けられていることが分かります。これが管トラップであり、水を溜めておくために湾曲させている部分です。排水管に水を流していくことによって、管の内部も洗浄できますが、小さい部品にもなってくるため、水が詰まってしまうとトラップの機能を果たせなくなります。
排水トラップがあることによって、さまざまなかたちでトラブルを予防しています。椀トラップやドラム型トラップは、お風呂場やキッチンに取り付けられており、簡単に取り外せるようになっている装置です。これらも大事な部品であり、スムーズに流れるように機能させる必要があります。

■定期的な掃除を

排水管は、定期的に掃除することも必要になってきます、パイプクリーナーを使うのが最も簡単な方法で、ホームセンターやドラッグストア、スーパーなどでも手に入れることができます。最近では、100円均一店でも見つけることができるようになりました。強力な薬品によって、詰まっているものや汚れを分解して流れるようにしてくれます。注意点としては、混ぜてはいけないものが考えられます。複数の薬品を使うと、分解したときのガスなどの問題があるため、しっかりと換気をして取り扱う必要があります。
1ヶ月に1回程度は掃除をすることがポイントです。排水管外の汚れは、できるだけマメに掃除をする必要があります。管の奥で溜まっている汚れを取るのは難しいですが、手で取れるものは取ってしまうというだけでも違います。清潔に保つというだけでも、詰まりなどのトラブルを予防することができるため、しっかりと対応をしていくべきです。

■まとめ
水漏れが起きる可能性は常にあります。管をつないで作っている以上、継ぎ目は存在するからです。漏れないような加工もしてありますが、絶対に漏れないまま過ごせるわけではありません。管の劣化もありますし、なにか力がかかって割れてしまうという事態も考えられるので、異変を感じたら修理の必要があります。どんなことによって水漏れが起きるのかも参考にしてみると、後手にならずに済みます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース