排水管の水漏れにつながる詰まり

水漏れをする要因は色々と考えられますが、排水管に異物が詰まってしまい、漏れ出てくる可能性もあります。水漏れがの被害が起こる場合は、ある程度予測ができます。その際の対処方法も考えておけば、水漏れの予防にもつながります。

■異音がするときには問題あり

排水管に流してみると、ボコボコと音が出てくることがあります。排水管は、スムーズに流れるように作られていますが、異音がするのは何か固形物が詰まっているときです。その原因は色々とありますが、汚れがだんだんと固まり、溜まってしまうというのが大きな原因となります。
この塊が水の流れを邪魔することで、流れるときにボコボコと音がするようになります。音が大きくなると相当細くなってしまっていと考えられるため、完全に詰まってしまう前兆ともいえる状況です。こうなると、水漏れが起きる可能性が高いため、早めの対処が必要になります。

■詰まっているときの解消方法

異音がするようなときには、パイプクリーナーを使ってみるところからスタートするべきです。市販のものでも効果を上がられることができます。ただし、他の洗剤と混ぜるとガスが発生して危険なものもあるため、取り扱いには十分に注意が必要です。
トイレでも使われているラバーカップも有効な手段となってきます。つまりを解消させるということでは、浴室の排水管にも有効です。しっかりと排水口に当てて、一気に押し下げて押し上げるという動作を繰り返すだけで、固形物を押し流せることがあります。これでも改善しないときには、専門業者に洗浄を依頼する方が良いです。

■まとめ
排水管の構造は、そこまで難しいわけではありません。しかし、詰まってしまうと自分では対処できない状況になる可能性も高いです。破損してしまうと水漏れを起こすこともあるため、早期の対応を考えるべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ