補修に使われる排水管の水漏れ用の製品

水漏れが生じているときに、排水管を修理する方法は色々とあります。例えば、穴ができてしまい水が漏れている時には、これを塞ぐことによって対処することができます。その時に使うのがパテですが、さまざまな種類が存在します。

■穴を埋めるパテ

水漏れを止めるために使われるパテは、接着剤の一種です。部材によっても使うものを変える必要がありますが、もっとも多いのはエポキシパテです。金属相手にも使うことができるものがあり、防水性に優れているものまであります。しかし、原則は乾燥した上で使用するものであり、下地処理もしなければ付着強度を高めることができません。プライマーと呼ばれる下地接着剤も塗布して、初めて効果を発揮します。パテ自体が乾燥とともに肉痩せするという問題も考えておかなければいけません。これは、エポキシパテだけの問題ではなく、すべてのパテで発生します。



■巻き付ける止水テープ

止水テープも補修で用いられることがある道具です。排水管に巻き付けてしまうことで、隙間をなくすことができます。水に反応して膨張するといったものも出てきているため、しっかりと固定できるものも出てきました。しかし、補修に使うものであり、交換した方が確実な場合もあります。巻き付けたことで完全に止めることができない場合もあるため、素人工事ではリスクがあることも理解しておくべきです。




■まとめ
工事用に作られている商品は、扱いが簡単ではないものもあります。パテひとつをとっても、扱いは簡単ではありませんし、養生時間も考えなければいけないでしょう。完全硬化しない前に水が流れてしまえば、効果を失うことも出てくるからです。基礎知識として補修する方法を知っておき、無理そうであれば業者に依頼する方が安上がりになることもあります。時間と費用を考えて検討することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ